婦人科

婦人科 gynecology

林メディカルクリニックでは、女性のライフステージごとの婦人科疾患について、ご相談を承っております。
女性の生涯には、それぞれの時期(思春期、生殖期、更年期)に特有の問題があります。月経不順や月経痛、不妊や流産、子宮筋腫・子宮内膜症などの婦人科疾患、閉経に伴う体調不良や泌尿生殖器の違和感など、ご一緒に解決してまいりましょう。
お気軽にご相談ください。

婦人科検診

がん検診

当クリニックでは、子宮頸がん検診(細胞診)を行っています。
中津川市、恵那市の指定医療機関です。
中津川市のがん検診の無料クーポン等の詳細は中津川市ホームページをご確認ください。

※ 市指定の子宮がん検診を受ける場合は、同日に保険診療で検査や治療を受けることはできません。

子宮頸がん

子宮頸がんは、性行為によって子宮頸部(子宮の入口)にHPVが感染することによって引き起こされます。HPVに感染してもほとんどの場合は、免疫力によってHPVを体の外に追い出します。しかし、1年以上の長期の感染が続くと「異形成」という状態となり、さらに数年間かけてがんへと移行することがあります。

そのため、異形成の状態で発見できれば、がんになることを予防できます。近年20代から30代の若い年代に子宮頸がんが増えています。初期の異形成や子宮頸がんはほとんど症状がありませんので、子宮頸がんを予防するためにも定期的な検診は非常に大切です。

子宮体がん

子宮体部の内膜に生じるがんを子宮体がんといいます。子宮がんとしてひとくくりに考えてしまう人がいますが、頸がんと体がんとでは発生する場所も原因も発症しやすい年齢も異なります。体がんのほとんどは、エストロゲンがプロゲステロンに比べ相対的に多くなる状態が長期間続くことで引き起こされます。年齢的には更年期にさしかかる頃から発症率が増加します。発生する場所が違うため、子宮体がんの検診は子宮頸がんの検診で代用することはできません。初期症状として不正出血が見られることが多いので、45歳を過ぎていつもと違う出血(不正出血)を認めたら、体がんの検査も受けるようにしましょう。

乳がん

乳がんは食生活の欧米化や晩婚・少子化などの女性のライフスタイルの変化に伴い増加傾向にあり、現在女性が発症するがんの中では最も多いがんになっています。これは自己検診の普及などにより早期発見される症例が増えたことも関係しているといわれています。

このように乳がんは自分で発見できる唯一のがんです。1ヶ月に1回、お風呂で自己検診をおこなうなど、日ごろから意識することが、乳がんの発生率は30代前半から急激に上昇し40代後半でピークになっています。したがって、30歳以上の方は1年に1回は乳がん検診を受けるようにしましょう。

HPV検査

子宮頸癌の発生には、性交渉により感染するとされるヒトパピローマウイルス(HPV)が関係しています。
ただHPVに感染したとしても多くの場合、無症状のままHPVは排除されていきますが、感染が持続した状態になると、子宮頸がん等へと発展する可能性があります。

子宮頸がん細胞診で異常を認めた場合HPV検査が必要になります。

HPV感染を防ぐには性交渉を体験する前にHPVワクチン接種を受ける必要があります。

婦人科一般診療

卵巣がん・卵巣腫瘍

卵巣がん

卵巣がんとは卵巣に発生する悪性腫瘍のことをいいます。自覚症状が乏しいため、進行した状態で見つかることが多いがんです。

日本人が卵巣がんにかかる率(罹患率)は、欧米人に比べると低いものでしたが、この差は縮まりつつあります。これは乳がんと同様、食生活の欧米化や晩婚・少子化などの女性のライフスタイルの変化が大きく関わっているといわれています。好発年齢は40代から50代ですが、卵巣がんの種類によっては10代や20代でも発生します。

排卵の回数の多さがリスクファクターの1つと考えられています。出産経験のない、あるいは出産回数の少ない女性は排卵の回数が多くなるためリスクは高くなります。OC(低用量ピル)は排卵を抑える働きがあるため、服用することで卵巣がんのリスクが下がると報告されています。

ほとんどの卵巣がんは正常よりも大きくはれていますので、超音波検査は卵巣がん発見に非常に有効です。早期で見つけるためには子宮がんの検査の際に、超音波検査などで卵巣がんの検査をしてもらいましょう。

卵巣膿瘍

卵巣腫瘍とは、卵巣の中に液がたまりふくらんで来ることをいいます。無症状です。茎がねじれると強い下腹部痛がでます。

子宮筋腫

子宮は平滑筋という筋肉組織からできています。子宮筋腫はその筋肉の一部にこぶのようなかたまり(腫瘍)ができる病気です。生殖年齢の20%〜25%に発生するといわれています。良性の腫瘍なので転移やがんなどの悪性のものに変化することはありません。しかし、筋腫の大きさやできる場所によっては月経痛や過多月経、不妊症の原因になることがあります。貧血がひどくなると治療が必要です。投薬治療を行います。

子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が卵巣や骨盤の壁(腹膜)など、子宮内膜以外の場所に発生する病気です。生殖年齢のおよそ10%に発生するといわれています。

特に卵巣に発生したものを卵巣チョコレートのう胞、子宮筋層に発生したものを子宮腺筋症といいます。
病状が悪化すると子宮と卵巣や骨盤の壁などが互いに癒着し、激しい月経痛や性交痛、排便痛を伴うこともあります。

また、子宮内膜症は不妊症の原因にもなります。
治療は症状や年齢、妊娠希望の有無などにより変わってきますので、相談しながら治療法を決めていきましょう。

性感染症(STI)

性感染症とは性行為によって感染する病気の総称です。
おりものの量や色やにおいに異常がみられることがあります。外陰部の皮膚に異常があらわれたり、おりものの変化に気づいたときは、放っておかずに診察を受けましょう。

クラミジア感染症

女性がかかるSTIの中では最も頻度が高いものです。男性も女性も自覚症状が少ないことが特徴です。このため気がつかないうちに病気が進行し、女性の場合は子宮や卵巣にまで炎症が広がり、不妊の原因になることがあります。自覚症状としてはおりものの増加、頻用や排尿痛、性交後の性器出血などがあります。進行すると上腹部痛をともなうこともあります。

ヘルペス感染症

感染しても必ず発症するとは限りませんが、自覚症状としては性器に生じる水泡やそけい部のリンパ腺の腫れなどがあげられます。軽いかゆみを感じることもありますが、一般的に、初期感染による発症では歩けないほど痛むことも珍しくありません。一度感染すると脊髄神経節にウイルスが潜み、ストレスや風邪などで抵抗力が落ちたときに再発することがあります。妊娠中にこの病気が発症すると、出産時に産道で子供に感染する恐れがあります。

梅毒

梅毒トレポネーマに感染により起こる感染症です。感染から2〜3ヶ月後には体全体に発疹などの皮膚症状が現れます。早期に治療を開始すれば完治しますが、進行すると脳の神経が侵されることもあります。

淋菌感染症

淋菌感染症はいずれの国においても、クラミジア感染症に並んで頻度の高いSTIで、日本では特に男性に多く見られます。男性は排尿時に痛みを感じるなど比較的容易に症状が出ますが、女性は自覚症状が非常に少ないため気づきにくいのが特徴です。感染を放置したまま症状が進むと淋菌が子宮から卵管まで広がり、激しい下腹部痛と発熱が起こり、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。

尖圭コンジローマ

ヒト・パピローマウイルス(HPV)の感染によるもので、男性は性器に、女性は腟や外陰部、子宮頸部に薄茶色や灰色のイボができますが、痛みやかゆみはありません。最初しやすいので徹底的に治すことが大切です。問診を行います。

HIV感染症・エイズ(後天性免疫不全症候群)

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により起こる感染症です。感染してからエイズを発症するまでの潜伏期間が6ヶ月〜10年以上と長いのが特徴で、発症すると人間に必要な免疫力が著しく低下し、健康な体ではほとんど害のない最近やウイルスの感染、悪性疾患などにより死に至ることもあります。また、他の性感染症に感染しているとHIVにも感染しやすくなります。血液検査を行います。

トリコモナス

腟に感染すると炎症がおきてかゆくなり、おりものが膿のような黄色くてネバネバした状態になります。内診を行います。

子宮不正出血

ホルモンの異常や病気などにより、生理時以外に性器から出血することを不正出血といいます。
子宮がんや性感染症が見つかるきっかけになることもありますので、放っておかずにご連絡をください。

思春期外来

月経異常

月経異常

出血が多かったり、少なかったり周期が不安定だったり、そうした正常ではない月経パターンを総称して月経異常といいます。

正常月経25〜38日周期、変動が6日以内で、出血が3〜7日間(約5日間)持続する
周期の異常
続発無月経
これまであった月経がなくなり、3ヶ月以上来ない。
頻発月経月経の頻度が多く、月経周期が24日以内。
希発月経月経の頻度が少なく、月経周期が39日以上3ヶ月以内。
経血量の異常
過少月経
経血量がおりもの程度しかなく、ナプキンがほとんど必要ない。
過多月経経血量が非常に多く、1時間おきにナプキンをかえてももれることがある。子宮内膜症などの病気のため過多月経が起こっている場合は原因となる病気の治療が必要となる。

月経のお悩み外来

月経困難症

生理中に強い下腹部痛や腰痛などの不快な症状があらわれ、日常生活に支障をきたす場合を「月経困難症」といいます。
生理のある女性の約30%にみられ、子宮内膜で作られる痛みの物質(プロスタグランジンなど)により子宮が収縮するために腰痛がおきたり、全身に作用して頭痛、吐きけ、下痢などの症状が引きおこされます。
月経困難症には、原因となる病気のない場合(機能性月経困難症)だけでなく病気が原因の場合(器質性月経困難症)もあり、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因となっている場合もありますので、症状がひどくなったときはガマンしないで早めに相談してください。

PMS・PMDD

生理前の黄体期におこる不快な症状がPMS(月経前症候群)です。PMSは生理の始まる3〜10日前頃からおこり、生理の開始とともに軽減または消えるのが特徴です。
症状はお腹や乳房の張り・痛みのようなカラダの症状から、イライラや憂うつなど精神的な不調があらわれることもあります。PMSと比べてより症状が重く、とくに精神的な症状が強いのが、PMDD(月経前不快気分障害)です。PMSに悩む女性の3〜5%がPMDDとみられ、強い不安や抑うつ感、怒り、悲しみ、絶望感、緊張感などがあらわれます。

更年期外来

更年期外来

エストロゲンの分泌が低下し始める更年期、女性が最初に感じることは、月経(生理)の変化です。今までと比べて月経周期が短くなったり、月経日数や月経量が減ったり、また、月経が2、3ヶ月に一度になるなど「からだの変化」を感じます。

また、エストロゲンは生殖機能以外にも心血管系、自律神経系、脳機能、皮膚代謝、脂質代謝、骨代謝など女性のからだのさまざまな器官に作用しています。

エストロゲンが欠乏するとこれらの器官が今までどおり機能できなくなり、これによりさまざまな不調を感じることになります。

症状や感じ方は人それぞれです。まずはご相談ください。

さまざまな症状

これらの症状を感じたら、相談してみましょう。

  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 口の乾き
  • のどのつかえ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 物忘れ
  • 集中力の低下
  • 不眠
  • 不安感
  • 疲労感
  • 動悸
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
  • 皮膚や粘膜の乾燥・かゆみ
  • 腟炎
  • 性交障害
  • しびれ
  • 知覚過敏
  • 関節痛
  • 筋肉痛

更年期障害の治療法

更年期障害にはいくつかの治療法があります。日々の習慣を見直しても症状が改善しない場合は、女性のからだの専門家である婦人科や更年期外来に相談してみましょう。

HRT(ホルモン補充療法)

低下したエストロゲンを補う治療法です。エストロゲン欠乏によるのぼせ、ほてり、発汗、性交痛などの症状はもとより、気分の変調や関節痛など更年期以降のさまざまな症状を改善します。幅広い効果が認められ、生活の質の向上にも大きな貢献が期待できます。

漢方薬

からだ全体のバランスを整え、こころとからだを健康にすることを目的とした治療法で、更年期障害の症状にも効果があります。あなたにあった薬を選ぶためにも、自己判断ではなく医師に相談しましょう。

抗うつ剤・安定剤

抑うつ気分は多くの人が更年期に経験する症状ですが、気分の落ち込み、不安感や焦燥感が強い場合は、安定剤や抗うつ剤などの向精神薬も有効です。

GSM・フェミケア外来

腟・外陰部に不快感があっても、誰にも言えず悩み、間違った自己処理で症状を悪化させている女性は少なくありません。
また、加齢にはエストロゲン分泌低下に伴うGMS(閉経関連泌尿生殖器症候群)は、腟・外陰部の不快感のみならず、尿もれ、頻尿などによって50歳以降の女性のQOLを著しく低下させてしまいます。

まず、あなたも、フェミニンゾーンに適した腟内フローラを整える毎日のフェミケアでフェミニンゾーンを健康な状態にキープしましょう。
当クリニックでは以下のフェミケアをおすすめしています。

ANOWA41
アールアノンDソープ